井野場孝一医師へのインタビュー

プロフィール:
井野場 孝一 (Dr. Kouichi Inoba)
青年部会担当役員。日本人として初めてギリシャの医学部を卒業。その後、アテネ赤十字病院にて眼科医専門医課程修了。2012年よりスウェーデンのGävle総合病院に勤務。


Q. ギリシャの医学部へ進学したのは何故ですか?
A. 授業料が無料だったので(笑)

Q. ギリシャでのの医学生時代を教えてください。
まずギリシャ語を学んでからの完全外国語で勉強してたので、大変だったけど、楽しかったね!(詳細略)みんなが知り合いみたいな雰囲気の街だったから、友達もたくさんできたし、ギリシャの雰囲気も楽しめたしね。


Q. 何故眼科医になられたんでしょうか?
A. 初めは違う専門医(外科系)を目指していたんだけど、医学部を卒業した時点で他の研修医と比べて年齢がいってたので、専門医過程が長いのは専門資格を取った後に退職までの期間が短いから難しいだろう、って言われちゃったんだよね。他のオプションを検索て、眼科医に決めたわけ。


Q. 何故ギリシャをスウェーデンは言語も文化もかなり違いますが、何故スウェーデンで医者をすることにしたんでしょうか?
A. スエーデンでは、新参の外国人でもオペをするチャンスがあるからです。ギリシャでもオペをしていましたが、数が少なかったからです。僕はオペが沢山したいほうなので



Q. スウェーデン語を学ぶのは難しかったですか?
A. いや、そんなに難しくなかったかな?スウェーデンの病院に就職が決まった後、ハンガリーのブダペストで三ヶ月間スウェーデン語のクラスを取ったら、それなりに喋れたよ。


Q. ギリシャとスウェーデン、どちらが働きやすいですか?
A. スウェーデン!(笑)
 そもそも文化がかなり違うんだけど、ギリシャは基本的に自己主張が強いから患者さんも色々問題を言う割には医者からのアドバイスは聞かないんだよね。スウェーデンの患者さんはギリシャの人に比べたらかなり静かで、医者の言うことも聞いてくれるからやりがいがあるよ。


Q. 眼科医の仕事は充実してますか?
A. 一般的な眼科医的なことに加えて手術もするので、とっても充実してるよ!一つの病気に対しての新しい治療法や手術方法を比べたりしてて、かなり興味深いね。


井野場先生、ありがとうございました!
インタビューアー:ビュン・アンデルセン エステーラ

Read More…